2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.07.15 (Mon)

森の円坐 ご案内(橋本さんの文章入り^^)

橋本さんも森の円坐をご紹介するメールをだしてくださいました。
そのまま、ここにも掲載させていただきます^^

===============================
皆様へ。

熱帯夜で早く目が覚めた蒸し暑い夏の朝です。
蝉時雨を聞きながら、秋の安芸 森の円座のご案内。

会場となる森の学校に静かに横たわる万代池。
朝は水蒸気が水面を不思議な形に漂って幻想的です。

森の学校のカヌーが5、6艇あって、穏やかな池の水上をあちこち散歩できます。

カヌーはとても静かなので、アメンボや、水鳥や、岸から水面に張り出した木々と
出会うのが楽しい。まるで池と対話しているみたいです。

前回の森の円座の時には、夜、この万代池をバックにとった写真に写った女性の
左上に立ち上る丸い光の玉が。

ちょうど池の中央から上がってきたようにも見えました。

今回で3回目を迎える 秋の安芸 森の円座。

謎も深まります。

円座のあと皆で行く宮崎駿っぽい昭和レトロな雰囲気充満の銭湯にも謎が。

謎に満ちた森の円坐に、初めて親娘で務める円座守人のお役。

果たして役に立つのか? これも謎です。

池が語り、大蛇に守られた古銭湯が招く秋の安芸道。

ご縁ある皆様との邂逅を心より楽しみにお待ちしております。

     「蛇との出会いはいいことある」
         母の言葉を信じてる  はしもとくにひこ


以下チラシご案内~
     
今年で3回目の「森の円坐」へのお誘いです。

『よあけ』(ユリー・シュルビッツ作・画 瀬田貞二訳))という絵本をご存じでしょうか?

「おともなく、」から始まる静かな絵本です。
2ページ目は「しずまりかえって、」、
3ページ目「さむく しめっている。」

しずかに夜が明けていくなかで、
みずうみにもやがこもり、
こうもりが「おともなく まいでる」、
かえるの飛び込む音。鳥が鳴き交わす。

みずうみのほとりで寝ていたおじいさんが孫を起こして
ボートをこぎ出すと…

「やまとみずうみがみどりになった」。

深呼吸したくなるような素晴らしいラストのページが待っています。

「森の円坐」でお借りする「森の学校」の
万代池の夜明けの光景が重なります。

朝もやがたちこめる池を、みんなで横一列になって眺めながら
朝食をとったなあ。

リゾートのようなきらびやかさとはちょっと遠い、
日本的な、しみじみした場所です。
たくさんの草花、虫、生き物の気配、それから遠景の山々にまで
耳を澄ましたくなるような。

そしてこの場所は、ファシリテーター橋本久仁彦さんが
作って下さる(ホールドしてくださっている)
時空間と、なんだか相性がいいみたいです^^。

真剣に自分を語り、相手の言葉を聴いて
「一緒に居る」ということを味わえる時空間。

橋本さんの娘さん、仁美ちゃんも
いらっしゃるのも嬉しいことです。

そんな秋の安芸の森に、いらっしゃいませんか^^。

===秋の安芸 森の円坐 2013 参加者募集====

1.日時:2013年9月21日(金)午後~23日(日)夕方
2.対象:「聴く」ことに関心がある方。森を楽しみたい方など(大人) 
3.内容: 円坐(非構成的エンカウンターグループ)
     (ファシリテーター橋本久仁彦さん・仁美さん)
     森での暮らしのお楽しみ。
      詳しい時間割や内容は初日にみんなで決めましょう。
4.会場:ろうきん森の学校(北広島町今吉田) http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=22
5.定員:12名※1  
6.会費:33,000円※2 宿泊費1500円/泊 食材費は実費。

宿泊 ろうきん森の学校内 「こぞってハウス」
(NPOひろしま自然学校の皆さんの手作りハウス。男性と女性、それぞれ一室ずつでの相部屋となります。)

■お問合・お申込  宛先:吉橋久美子(くらすば)clas_ba@ybb.ne.jp  090-4142-8854
 お申し込みの方は以下の内容をメールにて吉橋アドレスへお送りください。
 タイトル「森の円坐 申し込み」 
 1.お名前・性別 2.郵便番号とご住所 3.連絡に用いるメールアドレス
 4.緊急連絡用の携帯番号5.現地までの交通手段(自家用車または電車) 
 6.エンカウンターグループのご経験の有無
■主催(世話人) 山下徹(いまここ工房)・吉橋久美子(くらすば http://space.geocities.jp/clas_ba/)
■共催 NPO法人ひろしま自然学校http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=13
■協力 fence workshttp://www.fenceworks.jp/

 ※1.最少催行人数8人 ※2.キャンセルについて…・9月13日までのキャンセルは全額返金いたします
  ・9月14日以降はキャンセル待ちの方がいらっしゃる場合にだけ全額返金いたします。

------------------------------
くらすば 吉橋久美子

http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
15分の傾聴セッション 「はなす・ま」 随時受け付けています♪

橋本久仁彦
enzabutai@bca.bai.ne.jp
http://enzabutai.com/
14:49  |  徒然
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。