2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.07.23 (Tue)

○☆夜空見上げて○☆No.60 <「聴く」にまつわる不思議、ふたつ>

====================================
○☆夜空見上げて○☆No.60 2013年7月23日(新月と満月に発行しています)
====================================
くらすば からのご案内

■□■「秋の安芸 森の円坐2013」@広島 北広島町■□■ 

 9月21日(土)14:00 ~ 23日(月・祝)16:00 ろうきん森の学校
 橋本久仁彦さん&仁美さんの親子ファシリテーターをお招きします。

ウェブサイトトップページにチラシリンクあり。http://space.geocities.jp/clas_ba/
(チラシの曜日に間違いがありました。戸惑われた方、すみませんでした。
 三日間の詳細もトップページにアップしましたのでよければご覧ください^^)

■□■「くらすば 澄まし処(すましか)ミニ」@広島市西区民文化センター■□■

 9月21日(土)9:00~11:00
 豊田と名古屋で連続で行っているワークショップの単発版です。

以下、随時受け付けています clas_ba@ybb.ne.jp にご連絡を♪
 ★「はなす・ま」(15分の個人リスニングセッション+冊子化)
 ★会議ファシリテーション 電話相談 (試行期間・無料)
 
====================================

<「聴く」にまつわる不思議、ふたつ>

こんにちは!夏ですね~!
日曜は近所の用水沿いの緑道を自転車で走り、投票所へ。
葛の花の甘い香りがしていました。

さて4月から始まった「澄まし処」は、おかげさまで
参加してくださる方々がいらして
名古屋と豊田の二か所で「聴く」の探求を続けています。

不思議だなあと思うことが二つあります。

「語り手」をした方は、逐語記録を読み解く前、
「なにしゃべったかもう忘れちゃった」、、
「浅いことしゃべっちゃって…」などと
おっしゃいます。

でも、丁寧に記録を読み解いていくと、
実は実は、とても大切なことを語っておられるのでした。
なんで、語った方はそのことに気づきにくいのかなあ…。
不思議です。

人生を語っている、といっていいほどの
深さと広さをもった世界が現れます。
(過去や未来、そして「今」という時間や、
自分が生きてきた空間を自由自在にめぐります。
自分や、周りの方々との関係性についての探求も
していかれます)。

私はその方の人生に感動し、尊敬し、
自分を省みて、もっともっと謙虚に、丁寧に
人とつながっていかねばならないのだと
姿勢を正さねばばならない気持ちになります。

ちょっと唐突なエピソードですが
映画「レ・ミゼラブル」のエンドロールを涙を流しながら見ていて、
「あ、でもこの心を揺らされる感じ、“15分”は決して負けてないなあ」と
思ったものでした。

気づいていなくても、その15分は確かにあって。
語り終えた後、仲間のもとに戻った語り手が
「なんか表情が変わったね!」と指摘されていたのを思いだします。

もう一つの不思議は、多くの「聴き手」が
「私は人の話をちゃんと聴いていない、ということがわかった」
「途中で聴けなくなってしまった」という反省をすること。

語り手の方が大切なことを語れたのは
聴き手がいらしたからなのに
その働きには、気づきにくいんだなあ…。不思議です。
(でも、聴き手が聴いている時、 「何を聴いているか」を考えると、その反省も
 ちょっとわかる感じがあります。)

9月の森の円坐は、この、当たり前にしているけれども実は不思議な
「聴くこと」を見つめてこられた、
橋本久仁彦さんと仁美さんがいらっしゃる場です。

でも「聴き手」のお二人に対して
参加者はずっと語り手であるかというと全然そうではありません。
参加者は、だんだんと存在感を増してくる「場」に対しての
聴き手でもあります。

耳を澄まして聴こえてくるのは
とても真剣で、本当のことで、
心の深いところに響くようなことだったりします。

感動的なテキストがあるわけではなく、
効果的なワークも準備されていないのに
心に響くことが起きる。
これこそが不思議そのものかもしれません。
(今度の円坐がそんな時間になることを保証するものではありませんが…^^)

長文をご覧下さりありがとうございました。
まさに暑さの真ん中(暑中^^)ですが、くれぐれもご自愛くださいね。
                     ふな
=============================================

★今日は満月です ○

★はてなのタネ!^^(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

どうして年をとるとしわができたりするの?
             by FU 

参加者募集のイベント情報==お申し込みはclas_ba@ybb.ne.jpへ=================
 

■□■「秋の安芸 森の円坐2013」@広島 北広島町■□■ 
ちらしはサイトに http://space.geocities.jp/clas_ba/
 日時:9月21日(土)14:00 ~ 23日(月・祝)16:00 二泊三日 
 場所:ろうきん森の学校 http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/index.php?page_id=18
 ファシリテーター:橋本久仁彦さん co ファシリテーター:橋本仁美さん(fence works http://www.fenceworks.jp/)
 対象:大人 定員:12名(先着順)
 内容:円坐(エンカウンターグループ)、「森暮らし」…ため池カヌー、たき火、ドラム缶風呂など
    朝食昼食は自炊、夜は温泉の食堂で。
 会費:プログラム費33,000円(お菓子、飲み物付き)+宿泊費二泊で3,000円+
    食費と温泉代は実費
 主催:(世話人) 山下徹さん(いまここ工房)・吉橋久美子(くらすば)
 共催: NPO法人ひろしま自然学校 http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=13
   ※このグループは心理的な治療を目的とするものではありません。

■□■「くらすば 澄まし処(すましか)ミニ」@広島市西区民文化センター■□■

 9月21日(土)9:00~11:00
 広島市西区民文化センター 小会議室2
 会費 1500円
 申し込み第一次締め切り8月10日 その後も空いている可能性が大ですのでご一報ください。

 「澄まし処」は、吉橋が橋本久仁彦さんに学んでいる
 ミニカウンセリング・トレーニング(カウンセラーのためのトレーニング)の
  「自主トレ」的時間です。(吉橋はカウンセラーではありません)

 15分間の「聴き手」と「語り手」の間の会話(聴き手は主に、「ただ聴く」)を
 録音し、テープ起こしをした資料を読みといていきます。

 事前に録音とテープ起こしをしておき、
 この21日は「読みとき」を行う時間です。
 (2時間で1例をやりますが、時間が足りないくらいになると思います)

 大学のゼミのようなイメージです。
 
 豊田と名古屋で連続で行っているワークショップの単発版です。

 ※参加者の方の中から、skypeを使える方で、「聴き手」または「語り手」を
  してくださる方を募集します。
  もしくは「聴き手」と「語り手」をお知り合い二人組でしてくださるともっと嬉しいです。

編集後記***********************************

さっきまで読んでいた本に
「誰かに見られているような気がして顔を上げると、
雲の切れ間から銀色の丸い月が顔を出していた」というくだりがありました。

お月さまの存在感のことを思いました。
お月さまは「誰か」で「顔」なんですね。

------------------------------
くらすば 吉橋久美子
 
http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
15分の傾聴セッション 「はなす・ま」 随時受け付けています♪
15:24  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。