2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.08.07 (Wed)

○☆夜空見上げて○☆No.61 <「言葉」って、なに??>

====================================
○☆夜空見上げて○☆No.61 2013年8月7日(新月と満月に発行しています)
====================================
くらすば からのご案内

■□■「秋の安芸 森の円坐2013」@広島 北広島町■□■ 

  9月21日(土)14:00 ~ 23日(月・祝)16:00 ろうきん森の学校
  橋本久仁彦さん&仁美さんの親子ファシリテーターをお招きします。

■□■「くらすば 澄まし処(すましか)ミニ」@広島市西区民文化センター■□■

  9月21日(土)9:00~11:00
  「耳を澄ますとどうなるか」探求の場、単発版です

■□■(予告)「目と耳を大きく開く」ワークショップ@豊田■□■

  10月25日(金)~27日(日)
  ファシリテーター:橋本久仁彦さん
  ミニカウンセリング・トレーニング+縁坐舞台ワークショップ

以下、随時受け付けています clas_ba@ybb.ne.jp にご連絡を♪
 ★「はなす・ま」(15分の個人リスニングセッション+冊子化)
 ★会議ファシリテーション 電話相談 (試行期間・無料)
 
====================================

<「言葉」って、なに??>

今日も蝉時雨が降り注いでいます。
皆様がお元気でいてくださると嬉しいなと思う吉橋です。

さて、豊田と名古屋で回を重ねている「澄まし処」では、
「耳を澄ます聴き手のはたらき」について
毎回真剣なやりとりがあって
私はこの未熟な自分を丸ごと差し出すような気持ちでその場に居ます。

先日はこんな疑問が出されました。

 果たして「言葉」はどれだけ語り手の「本当」を
 表しているのだろう?

大事な大事な問いだと思いました。

そして私がしどろもどろに応答したのは…

確かに、「言葉」はその人の「本当」を「全て」表現しきれるものでは
ないかもしれない。
言葉だけを読み解いても、意味があるのか、疑問符つきですね…。
でも、15分、真剣に聴いてくれる聴き手の前で現れる言葉は
やっぱり「その人の、本当の、一部」なのでは…

だから、この15分間は、本当に言葉を大切にします。
聴き手として聴いている時も、レビューをする時も。

そして、「言葉」について、
この度の「森の円坐」ファシリテーターをしてくださる
橋本久仁彦さんがおっしゃっておられたことを思い出しました。
興味深いので一部ちょっと手を加えて、紹介させていただきます
(ご本人のご快諾、得てます^^)

=====橋本さんが「語り手」をしてくださった「澄まし処」記録より

言葉と場所の関係に今興味あって。

何が場を作っていっているのか。

傾聴…空間を建築するって言うんだけど
結局、何、傾聴してるって、言葉だよね。聴き手も語り手も言葉使ってるからね、

で、言葉ってなんなんだよっていうのがあるんだよね。
「初めに言葉ありき」ってどういう意味よ。
ほんと、どういう意味?ほんとにどういう意味?
(ふふふ…。)ふっふふ…。

何にもない原初の最初に言葉があったのかよ。
ロゴスって言うんだけどこれなんなんだよ。
なぜそう言うんだ。(なぜそう言う…)

その場合の言葉って何を指してるのか、って関心があるわけだ。

そして初めにあったんなら今あるはずだよね。
最も初めにある言葉はお終いまであるはずだな。
なので言葉は現在もあるはずだね。

で、この言葉、僕らが今こうして正に使ってる言葉って
何なのか。何物か。面白いね。

で、ミニカンでは、耳を澄ますわけだから、
こちらが消えるので、言葉をそのままもらうよね。

そのままもらわないと、わかんない、ものがある。
そのままもらうので、そのままの景色が見えると。

言葉ちょいとでも変えると、景色が変わると。

水を、まあ鏡のような水に小石を投げたみたいにね、
ボヨヨーンと変わっちゃうわけだ」

~中略~
(音によって細かい砂のようなものの形が変わっていく、という実験のお話)

「ってことは、音は形をもっていて場を作ってるわけだ。

俺たちは場のやりとりをしている。
なので言葉を変えると場が変わるわけだね。

聴いてもらえたっていうのは場を受け取ってもらってるわけだ。
(場を受け取ってもらってる…)

でその場というのは、僕今こうやってこの内部から、
発声する前からその音ができあがって出てますから、
この波長の中にいる訳だね。

僕の体の中、体は大半水でできていて
水の分子っていうのは小さいもんだね

すると僕が今語っている言葉で、
一々一々僕の、組成は変わっている訳だ。」

             以上 ( )内の言葉は吉橋の言葉です。

当たり前に使っている「言葉」がとても不思議に思えてきませんか^^。

9月の広島での「森の円坐」と「澄まし処ミニ」は
きっといつも以上に、言葉が大事にされる時間です。
よければ、ご一緒に^^。

今回も長くなりました(><)。暑さが続きますがどうぞご自愛くださいね。
                  
                           吉橋(ふな)
=================================

★今日は新月です ●

★はてなのタネ!^^(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

 どうしておなかがへるのかな
             by 「おなかのへるうた」作詞:阪田寛夫

参加者募集のイベント情報==お申し込みはclas_ba@ybb.ne.jpへ=================

■□■「秋の安芸 森の円坐2013」@広島 北広島町■□■ 
ちらしはサイトに http://space.geocities.jp/clas_ba/
 日時:9月21日(土)14:00 ~ 23日(月・祝)16:00 二泊三日 
 場所:ろうきん森の学校 http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/index.php?page_id=18
 ファシリテーター:橋本久仁彦さん co ファシリテーター:橋本仁美さん(fence works http://www.fenceworks.jp/)
 対象:大人 定員:12名(先着順)
 内容:円坐(エンカウンターグループ)、「森暮らし」…ため池カヌー、たき火、ドラム缶風呂など
    朝食昼食は自炊、夜は温泉の食堂で。
 会費:プログラム費33,000円(お菓子、飲み物付き)+宿泊費二泊で3,000円+
    食費と温泉代は実費
 主催:(世話人) 山下徹さん(いまここ工房)・吉橋久美子(くらすば)
 共催: NPO法人ひろしま自然学校 http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=13
   ※このグループは心理的な治療を目的とするものではありません。

■□■「くらすば 澄まし処(すましか)ミニ」@広島市西区民文化センター■□■
 日時: 9月21日(土)9:00~11:00
 場所:広島市西区民文化センター小会議室2
 内容:15分間の逐語記録資料をレビューします(読み解きます)。
 レビュアー:吉橋久美子
 会費:1500円 定員10人
    豊田と名古屋で連続で行っているワークショップの単発版です。

編集後記***********************************

先週は打ち合わせ5回と市民ライターのオシゴトでなんだか久しぶりに
「忙しい」感じが蘇り、今週はさらに金曜日の「くらしか」に向けて
布巾を縫ったり、買い物をしたりのてんてこ舞い。
間に合うのかしら、と宿題に追われている子どもの気分ですが
意外と、嫌いじゃないです(笑)(好きかも!?)

------------------------------
くらすば 吉橋久美子
 
http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
15分の傾聴セッション 「はなす・ま」 随時受け付けています♪
08:29  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。