2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.03.18 (Tue)

○☆夜空見上げて○☆No.76 <真剣な場はウツクシイ>

====================================
○☆夜空見上げて○☆No.76 2014年3月18日(今回十六夜発行になりました(><)))
====================================

くらすば からのご案内  (詳しくは文末に)

■■      場をひらく人講坐          ■■
■■~耳を澄ます場づくりのための、居ずまい・佇まい~■■

 ファシリテーター:橋本久仁彦さん
 豊田(愛知)と恵那(岐阜)を会場に、春・夏・秋の三日間×3回講座です
 主催:恵み自然農園 長江賢太郎 & くらすば 吉橋久美子

■■(予告)  くらすば タテルカ (子ども向け建築WS)   ■■

6月~10月 毎月一回(8月は2~3回) 日程は次回^^

◎以下、随時受け付けています clas_ba@ybb.ne.jp にご連絡を♪
 ★「はなす・ま」(15分の個人リスニングセッション+冊子化)
 
====================================
<真剣な場はウツクシイ>

昨日は満月。
「耳を澄ます聴き方」を探求する「澄まし処(すましか)」と
「くらすばタテル・キッズ月曜コース最終回」の日でした。

澄まし処で会場としてお借りしている「はなれ」のお庭に
見事に咲いていた紅梅、福寿草、椿。
杏の赤いつぼみもほころびかけていました。
みなさまはどんな春を迎えようとされておられるでしょうか^^。

さてここ数日、私はとても濃い時間を過ごしました。

土曜日、何年ぶりだったでしょう、母校の剣道部のOG会へ。

久しぶりに稽古を拝見して、初めての感情が湧きました。
竹刀を握り、稽古する方々の姿が、それはそれは、美しかったのです。
(特に、一緒に稽古をさせていただいた代の、
大好きだった先輩方や後輩の姿にグッときました)
心から感動して、勝手に涙が出て困りました。

道場という場の空気に浸って
感じやすくなっていたのかもしれません。
大学の普通の体育館なのに、
稽古が始まると空間全体が一つの生き物のよう。
「姿勢をただして。瞑想」の掛け声の後や、
指導の方々のお話を伺う時の静寂と
稽古や試合の時の活気の鮮やかな対比や、
この空間での「秩序」に従って皆が動いているということが
新鮮でした。
道場の片隅で起きている事を察してすばやく動く
現役学生の気配りにも驚きました。

試合の時の密度の濃さもすごかったです。
ここでは何の隠しごともできません。
二十歳前後の学生時代、自分という人間まるごと全部、
コートの外側から見られていたのだな、
見守られていたのだなと思うと、
そんな時間を過ごせた事が改めてありがたく感じられたのでした。

翌日は、くらすばタテル・キッズ、日曜コースの最終回後、
ドッジボールチームの全国大会へ。
(息子がお世話になっていた広島のチームが出場されていたのです)。

ドッジボールも、チーム全体が一つの生き物のように
動くのが素晴らしくて不思議です。
「個」が無くなってしまうくらいの集中力と真剣さ。
心が揺さぶられるような感動があります。

試合時間はたったの5分です。
勝って跳びはねる子どもの向かいには
天を仰いで大声で泣く子どもがいる。

そしてやっぱり、それを見守る指導者の方々、
保護者の方々がいるのでした。

うまく言葉にできなくてもどかしいのですが、
とにかく久しぶりにお会いした皆様方に多くの学びを得ました。
ありがとうございました^^。

それからしばらくお目にかかっていない皆様~!
またぜひ、お目にかかれますように…^^。

                        吉橋(ふな)
=================================

★17日は満月○でした^^。 

★はてなのタネ!^^(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

揺れながら、振れながら、進んでいくものは…?
(以下の橋本さんとのスカイプ会話を終えて吉橋が作ったクイズです^^)
(答えは文末!)

くらすばからのご案内詳細===================

<参加者募集>

■■      場をひらく人講坐          ■■
■■~耳を澄ます場づくりのための、居ずまい・佇まい~■■

講座について、橋本さんとスカイプでお話をさせていただきました。。
テープ起こしをして、近々ブログ等にアップしたいと思います♪
================================

【ファシリテーター】橋本久仁彦さん
 http://enzabutai.com/

【内容】
「聴く」という働きをもとに、様々なワークを通じて「聴き手」
「ファシリテーター」としての視力を養っていきます。
各回の具体的な内容は参加者のご要望等をお聞きしながら決めていきます。
基本となるミニカウンセリング・トレーニングは毎回実施します。

 ・ミニカウンセリング・トレーニング
 ・円坐(非構成エンカウンターグループ) 
 ・「きくみるはなす縁坐舞台」 
 ・「きくみるはなす縁坐影舞」 
 ・ファシリテーション・トレーニング
 ・「詩縁坐」 など
 メニューの内容については橋本さんのサイトでhttp://enzabutai.com/

【日程】  2014年
 春の講坐(基本通い・宿泊可)
   4月18日(金)13時~20日(日)16時
 夏の講坐 (2泊3日)
   7月19日(土)13時~21日(祝月)16時
 秋の講坐 (2泊3日)
   10月17日(金)13時~19日(日)16時
  ◎全3回の連続講座。単発参加可。

【会場】
<春…豊田(愛知県)>
  豊田市宮上町にある個人宅の「離れ」  ※詳細はお申込後にお伝えします。
<夏・秋…恵那(岐阜県)>
  恵み自然農園  (恵那市岩村町富田3032-86)最寄駅:明知鉄道「極楽駅」
  名古屋駅より約1時間半(JR中央線恵那駅乗換)(電車でお越しの方は駅までお迎えに参ります) 

【参加費】(一日目夜から三日目昼までの食費込)
 全3回通し:102,000円  1回のみの参加:36,000円 

  ≪宿泊費について≫
   ○春の講坐…会場主さんのご厚意で会場に泊まれます(男女一室の空間OKの方)。
    無料ですが有志で一泊500円~1000円程度のお礼を集められたらと。人数制限あり。
    豊田には駅付近にいくつかホテルもありますので、
    そちらの方が良い方はご自由におとりください。
   ○夏の講坐・秋の講坐…宿泊費込みです

【定員】10名程度

====================================

【お誘いの言葉(世話人より)】
 一般的に、「場をひらく人」=「ファシリテーター」は場を促進するために
 “何をするか”が問われます。
 しかし、この講坐では“「何かをしないこと」をする”という働きを学びます。
 そして、場をひらいたり、他者を援助したり、聴くということをするとき、
 私たちのどのような“在り方・居ずまい・佇まい”が、その場に対していかな
 る影響力を持ち得るのか観察します。
 場に対して敬意をはらって耳を澄ますとき、わたしたちがこれまで眺めること
 のできなかった彩り豊かな景色がスーッと広がってゆく・・・そのような経験を
 「聴く」ということを軸に学んでいきましょう。

【こんな方におすすめ】
 場を開きたいと思っている、すでに場を開いている、
 場作りに興味がある、聴くことに関心がある、
 教育に関心がある、
 他者を援助する仕事や活動をしている、
 人との関わりについて今一度考えてみたい・・・という方。
 「なぜかピンときた」方もぜひ!

【申込・お問合】 clas_ba@ybb.ne.jp (090-4142-8854)吉橋久美子  
 お申込の際は、以下の内容をお知らせください。
 タイトル:「場をひらく人講坐申し込み」
 1:希望の日程 2:お名前・性別 3:郵便番号・住所 4:連絡に用いるメールアドレス 5:緊急連絡用の携帯番号 
 6:今回のような講座の経験の有無  
 ご連絡の方にお振込み先をお知らせします。 ご入金いただきお申込完了となります。

====================================
【世話人・主催】 
吉橋久美子(くらすば)― HP:http://space.geocities.jp/clas_ba/
子ども向けの素朴な建築ワークショップと、「耳を澄ます」聴き方を探求する場を
ひらいています。
「聴く」時間を過ごすようになって、私は周りの人々のステキさがより、際立っ
て見えてきている気がします。自分自身はポジティブ志向から、ポジティブ・ネ
ガティブの両方を見ようとするようになり、そのうちその境目もわからなくなっ
てきて。「生きられる」場が広くなった気がしています。

長江賢太郎(恵み自然農園)―HP:http://www.natural-farm.info/
現在、農業に加え子どもと関わる仕事をしていますが、「聴く」ということを
学び始めてから、子どもを<未熟であり教えを必要としている>存在から
<はじめから成長に対する主体性を持ち、ひとりの人間として尊重されるべき>
存在へとその認識は大きく変化してきました。他者と関わるときの共感的な「聴き方」によって、
いのちの発動を目の当たりに感じることのできる素晴らしい体験をみなさんと共に味わ
いたいと思います。

編集後記********************************

「大丈夫。きちんと納まるべきように納まっていくから」
20数年前、剣道部の後輩Mちゃんが凹んでいた時、
私が語った言葉だそうです(そのときのデキゴトは教えてもらって
思い出しましたがこの言葉は覚えてませんでした(涙))。

Mちゃんが、この言葉を、大事な人生の中で生かし続けてくれて
20年分の時を重ねて私に教えてくれた。
ありがたくて、そんなMちゃんに尊敬の念が…。
そうだ、学生の時から、尊敬していたんだった。
他にも尊敬する大好きな方々に出会えて感動の一日でした。

(「はてな」の答え:振り子時計と「人生」…って大げさですけど^^)
------------------------------
くらすば 吉橋久美子
「場をひらく人講坐」 参加者募集♪(「くらすば」サイトにご案内の詳細があります)
http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
15分の傾聴セッション 「はなす・ま」 随時受け付けています♪
07:22  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。