2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.03.31 (Mon)

○☆夜空見上げて○☆No.77 <揺れながら、進んでいく>

====================================
○☆夜空見上げて○☆No.77 2014年3月31日(新月と満月の日に発行)
====================================

くらすば からのご案内  (詳しくは文末に)

■■   くらすば タテルカ (子ども向け建築WS) ■■
   6月~10月 月一回 日曜コース&月曜コース
      (8月は夏休みバージョンです)

■■      場をひらく人講坐          ■■
~耳を澄ます場づくりのための、居ずまい・佇まい~
              (夏は一旦締めきりました)
 ファシリテーター:橋本久仁彦さん 
 豊田(愛知)と恵那(岐阜)を会場に、春・夏・秋の三日間×3回講座です
 主催:恵み自然農園 長江賢太郎 & くらすば 吉橋久美子
 ※橋本さんと「かたらい」をさせていただきました。
 PDFを恵み自然農園のサイトにアップしています。 
 http://www.natural-farm.info/event/

◎以下、随時受け付けています clas_ba@ybb.ne.jp にご連絡を♪
 ★「はなす・ま」(15分の個人リスニングセッション+冊子化)
 
====================================
<揺れながら、進んでいく>

こんにちは!みなさま、お元気ですか^^。
色とりどりに花が咲いています。

「こんな ちいさな つぼみのなかに 
 おはな たたんで いれてあるの
 だれが たたむの おはなたたむの
 はるの おしたく だれが するの」

以前もご紹介した讃美歌が思い出されたりして。
(ちょっとうろ覚えですが(><))
sence of wonder を刺激される季節ですね。

さて、前回の「はてなのタネ」に
「揺れながら、振れながら、進んでいくものは…?」
「答え:振り子時計と「人生」…って大げさですけど^^)」と
書きました。

「場をひらく人講坐」でお招きする橋本久仁彦さんとの
スカイプ中に出てきた話題だったのですが、
きっかけは、私のおしゃべり。
(なので上記「場をひらく人講坐開催にあたってのかたらい」PDFには入ってい
ません)

今行っているような「聴く」場づくりをこれからも
やっていきたいと思いながらも、
ついつい求人チラシを眺め、パートに出たほうがいいのかな…と
考えてしまうんですよね…。
頭が二つあるみたいで揺れている…。
という何の気なしの話でした。

この揺れは、もう何年も、それこそ
「くらすば」を立ち上げた時からある古~い(?)揺れです。

そこからが、おもしろかったです。
橋本さん、「そんなふうに揺れていい」
「揺れって推進力でしょう」
「揺れてこそ、振れてこそ、”道”なんだよ」。
「道はつづら折り」なんだ、と。

そう言われて、つづら折りの旅路が目に浮かびました。
確かに、生まれてウン十年、来し方は全然まっすぐじゃなかったなあ。
でも、「私」として、生きてこれた、生かしてもらってきたのでした。

つづら折りだと距離はずいぶん長くなるけど、
道端の花に目をとめたり、しんどい時に空を眺めたりしながら、
進んで行けそうです。
本人はあっち行ったりこっち行ったり、情けない限りなのですが
例えば20年前の私を知っている剣道部のOGの皆さんが
「ふなちゃんは、変わらへんなあ~」と言ってくださったとき、
つづら折りの真ん中をつらぬく「ふなちゃん」をみてくれていたのだと思います。

ということで「揺れながらでよいのだ」ということにひとまず
安心して、これからも迷いながら、行こうと思います。

で…その「つづら折り」の道中を
そのまんま見つめよう、と思う方々と、見つめる場を
やっぱり開いていきたいなあと思っています。

今回もお読みくださりありがとうございました。
みなさま、どうぞ、よい春を!!!
                        吉橋(ふな)
=================================

★31日は新月●です 

★はてなのタネ!^^(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

 なぜしゃっくりがでるのか? (by 娘Fの友人)
 なぜ人間は進化するのか (by 娘F)
 はたして人間は進化しているのか?(by ふな)

=================================
くらすばからのご案内 詳細 (くらすばタテルカ)&(場をひらく人講坐)

■■   くらすば タテルカ (子ども向け建築WS) ■■

 内容:建築のごく基礎的なことについて、実験を交えて考えます。
    そして、身近な材料で小さな家をつくります。
   (「タテル・キッズクラス」の手法ですがプログラムはほぼ重複しません)
    ・構成…実験・実演・制作・ふりかえり
    ・8コマ(通常月は月一回80分1コマ、8月は2日間5時間で4コマ)

 対象:小学校2年生~6年生  
 定員:各クラス6~7名 (最少催行人数3人)
 会費:15,000円 (会費および材料費14,000円+入会金1000円)
    (タテル・キッズクラスからの継続の方は14,000円) 
    (新規の方は初回お試しで1500円でご参加ください。
     受講をお決めになられたら2回目に残額をお持ち下さい)
 場所:西区民会館(豊田市月見町1-4-4)新豊田駅から徒歩4分 
 日程:
  日曜コース…6月1日、7月6日、9月7日、10月5日
  ①9:30~10:50 ②11:00~12:20

  月曜コース…6月2日、7月7日、9月8日、10月6日
  ①16:30~17:50 ②18:00~19:20

  8月はA,Bのどちらかをお選びいただきます。
   A:8月25日18:00~20:30 & 8月26日9:30~12:00
   B:8月28日18:00~20:30 & 8月29日9:30~12:00
   (出入り自由、保護者の方もよければご一緒に!)

 お休みの場合:8コマ全部を体験していただきたいので、
    返金対応ではなく、振替受講をしていただこうと思っています。
    ・日曜→月曜 月曜→日曜 の振り替えOK(※受け入れ人数に限度あり)。
    他に振替の日を複数設けます。(近日中に決定)
    その日も参加できなかった場合はご了承ください。
 お申込・お問合わせ:clas_ba@ybb.ne.jp 090-4142-8854 吉橋久美子まで

=================================

■■      場をひらく人講坐          ■■
■■~耳を澄ます場づくりのための、居ずまい・佇まい~■■

 ※夏の講座は一旦しめきらせていただきました。
 ※開催に向けて、主催者の一人吉橋が
 橋本さんと「かたらい」をさせていただきました。
 PDFを恵み自然農園のサイトにアップしています。 
 http://www.natural-farm.info/event/
================================

【ファシリテーター】橋本久仁彦さん
 http://enzabutai.com/

【内容】
「聴く」という働きをもとに、様々なワークを通じて「聴き手」
「ファシリテーター」としての視力を養っていきます。
各回の具体的な内容は参加者のご要望等をお聞きしながら決めていきます。
基本となるミニカウンセリング・トレーニングは毎回実施します。

 ・ミニカウンセリング・トレーニング
 ・円坐(非構成エンカウンターグループ) 
 ・「きくみるはなす縁坐舞台」 
 ・「きくみるはなす縁坐影舞」 
 ・ファシリテーション・トレーニング
 ・「詩縁坐」 など
 メニューの内容については橋本さんのサイトでhttp://enzabutai.com/

【日程】  2014年
 春の講坐(基本通い・宿泊可)
   4月18日(金)13時~20日(日)16時
 夏の講坐 (2泊3日)→締めきりました
   7月19日(土)13時~21日(祝月)16時
 秋の講坐 (2泊3日)
   10月17日(金)13時~19日(日)16時
  ◎全3回の連続講座。単発参加可。

【会場】
<春…豊田(愛知県)>
  豊田市宮上町にある個人宅の「離れ」  ※詳細はお申込後にお伝えします。
<夏・秋…恵那(岐阜県)>
  恵み自然農園  (恵那市岩村町富田3032-86)最寄駅:明知鉄道「極楽駅」
  名古屋駅より約1時間半(JR中央線恵那駅乗換)(電車でお越しの方は駅までお迎えに参ります) 

【参加費】(一日目夜から三日目昼までの食費込)
 全3回通し:102,000円  1回のみの参加:36,000円 

  ≪宿泊費について≫
   ○春の講坐…会場主さんのご厚意で会場に泊まれます(男女一室の空間OKの方)。
    無料ですが有志で一泊500円~1000円程度のお礼を集められたらと。人数制限あり。
    豊田には駅付近にいくつかホテルもありますので、
    そちらの方が良い方はご自由におとりください。
   ○夏の講坐・秋の講坐…宿泊費込みです

【定員】10名程度

====================================

【お誘いの言葉(世話人より)】
 一般的に、「場をひらく人」=「ファシリテーター」は場を促進するために
 “何をするか”が問われます。
 しかし、この講坐では“「何かをしないこと」をする”という働きを学びます。
 そして、場をひらいたり、他者を援助したり、聴くということをするとき、
 私たちのどのような“在り方・居ずまい・佇まい”が、その場に対していかな
 る影響力を持ち得るのか観察します。
 場に対して敬意をはらって耳を澄ますとき、わたしたちがこれまで眺めること
 のできなかった彩り豊かな景色がスーッと広がってゆく・・・そのような経験を
 「聴く」ということを軸に学んでいきましょう。

【こんな方におすすめ】
 場を開きたいと思っている、すでに場を開いている、
 場作りに興味がある、聴くことに関心がある、
 教育に関心がある、
 他者を援助する仕事や活動をしている、
 人との関わりについて今一度考えてみたい・・・という方。
 「なぜかピンときた」方もぜひ!

【申込・お問合】 clas_ba@ybb.ne.jp (090-4142-8854)吉橋久美子  
 お申込の際は、以下の内容をお知らせください。
 タイトル:「場をひらく人講坐申し込み」
 1:希望の日程(夏は一旦締めきりました) 2:お名前・性別 3:郵便番
号・住所 4:連絡に用いるメールアドレス 5:緊急連絡用の携帯番号 
 6:今回のような講座の経験の有無  
 ご連絡の方にお振込み先をお知らせします。 ご入金いただきお申込完了となります。

====================================
【世話人・主催】 
吉橋久美子(くらすば)― HP:http://space.geocities.jp/clas_ba/
子ども向けの素朴な建築ワークショップと、「耳を澄ます」聴き方を探求する場を
ひらいています。
「聴く」時間を過ごすようになって、私は周りの人々のステキさがより、際立っ
て見えてきている気がします。自分自身はポジティブ志向から、ポジティブ・ネ
ガティブの両方を見ようとするようになり、そのうちその境目もわからなくなっ
てきて。「生きられる」場が広くなった気がしています。

長江賢太郎(恵み自然農園)―HP:http://www.natural-farm.info/
現在、農業に加え子どもと関わる仕事をしていますが、「聴く」ということを
学び始めてから、子どもを<未熟であり教えを必要としている>存在から
<はじめから成長に対する主体性を持ち、ひとりの人間として尊重されるべき>
存在へとその認識は大きく変化してきました。他者と関わるときの共感的な「聴き方」によって、
いのちの発動を目の当たりに感じることのできる素晴らしい体験をみなさんと共に味わ
いたいと思います。

編集後記********************************

豊田に来て3度目の春。
広島時代とは違うスピードとつながり方で、
ゆっくりご縁が広がっている感じです。

「孤独を味わう時間になると思う」と
広島を出るときミニカウンセリングで語っていた私でしたが
ふりかえってみれば、これまでにもう十分な
ご縁をいただいていることに気づくのでした。やっと。
皆様、ありがとうございます^^。
------------------------------
くらすば 吉橋久美子
「場をひらく人講坐」 参加者募集♪(「くらすば」サイトにご案内の詳細があります)
http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
15分の傾聴セッション 「はなす・ま」 随時受け付けています♪
13:16  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。