2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.05.13 (Tue)

はなす・ま ご案内


風薫る五月、という言葉が大好きで
手紙の時候の挨拶を書くのが楽しいこの頃です。

さて、15分傾聴させていただいたものを冊子にする「はなす・ま」、
少々っていうかかなり変わっているオシゴトかもしれませんが
心から、大切にしたい、オシゴトです。

小川洋子の小説『薬指の標本』所収の
「六角形の小部屋」
(カタリコベヤ…六角形の小部屋を持ち運んで旅する親子がいて、
必要な人がそこにたどり着き、小部屋で語るっていう不思議なお話)を
読んだ時、
それから岩手大槌町の「風の電話」のニュースを聴いたとき、
そんな「スペース」があちこちにあったらいいなあ、と思いました。

煩悩だらけの私はスペースにはなりえませんが、
でもそんなことに憧れています。
聴かせていただくという行為について
お金をいただくのは恐れ多いので
テープ起こしをして、冊子にして、一緒に作品鑑賞する時間を持つ、
というところで、悩みながら金額を設定させていただいています。


■■         「はなす・ま」        ■■

「自分の心のうちをみる」「自分の声を聴く」ことをしてみようかな、と思う方に(吉橋と既につながりのある方のみでお願いします)。

 内容  15分間、その時浮かんだことを、徒然に、
     お話しをなさったり、なさらなかったり、してください^^。
     録音をして、後日その記録を冊子の形にしてお渡しし、
     作品として、「鑑賞」していきます。
 日時  両者で相談して決めます
 所要時間と場所(2回、時間をいただきます)
     <録音日(直接お会いして)>
       1時間程度(ご説明含め)
        静かな場所で
      (静かな公園や、BGMがごくごく控えめな喫茶店など)。
     <「鑑賞」日(お会いして/skype/電話)>
       1時間半~2時間程度
       お会いしての「鑑賞」は、多少音があっても大丈夫です
       (会話ができて、ペーパーを広げられるところ) 
 金額  4,000円~6,000円 お気持ちに応じてお決めください。
    (完了してからいただきます。)
    (喫茶店等で行った場合のお茶代は個人持ちでお願いします。)
    (遠方の場合は、実施可能かどうか、
     交通費をどのようにするか、その都度ご相談させてください。     旅しながら「はなす・ま」するのも夢なのですが…^^)

※吉橋は「ふつうのひと」として聴かせていただきます
(心理学の知識・資格は持っていません。
精神治療を目的としたものではありません。)
09:54  |  聴く
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。