2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.08.11 (Mon)

○☆夜空見上げて○☆No.86 <とどまると見えてくる>

=============================

○☆夜空見上げて○☆No.86  2014年8月11日(新月と満月の日発行)

===============================



くらすば からのご案内 (詳しくは文末に)



■■「秋の安芸 森の円坐 2014」@広島県北広島町■■

☆土日の二日間コースも新設しました!

2014年9月20日(土)~23日(火)三泊四日 ☆または20日~21日

橋本久仁彦さん&仁美さん お二人の「円坐守人」をお迎えして。



■■「くらすば 澄まし処 クラス6」 @豊田市■■

10月から月一回、7か月間、「耳を澄ます聴き手」の働きを見つめます。



■■「あそぼ☆ラボ」@豊田■■

9月10日 「ちびくろさんぽ」の杉山佐由紀さんと、

未就園児+ママ向けの、暮らしを遊ぶラボ、します^^。



■■ 「はなす・ま」 ■■

随時。15分間お話を聞かせていただき、冊子にし、一緒に読み解きます。



<予告>

11月 西村仁志さんを豊田にお招きして「しごと」を考えます♪

(「くらすば」主催ではありませんが、吉橋がいいだしっぺです^^)



==============================



<とどまって、みること>



お月さまが大きく見える「スーパームーン」。

今日の午前3時ごろが最大だったそうです。

でもここ豊田は厚い雲に覆われていて。




私たちの暮らし…暮らしどころか時には命まで、

空の出来事に大きく大きく影響されるものですね。



さて、「くらすば 澄まし処(すましか)」と名付けた、

ミニカウンセリング・トレーニングの「自主トレ的時間」、

6つ目のクラスを10月から開催させていただきます。



耳を「澄まして」、

相手の話をただそのまま聴く、ということの

はたらきについて、逐語記録を見ながら

「観察」しようというものです。



耳を澄ます、ということは

とどまっている、ということと似ているなあと思います。




「澄む」「住む」…同じ語源だといいますものね。



例えば電車の時間ぎりぎりに駅に駆け込んで

階段を一段飛ばしで駆け上がっている時、

周りのことはなんにも見えていません。

もちろん転んじゃいけないから

目の情報は使っているのですが。



一方余裕があってホームでじっと待っている時。

向こうのホームを駆け抜ける人を見て、

「ああ、私もあんな風に必死で走ってるんだなあ」と

少々恥ずかしい気持ち。



視野が違います。




とどまって見ると、見えてくるものが違ってくると思うんです。



そして「観察」という言葉は、

それぞれの見え方が違うのが当たり前、ということを

常に心においておくために使っています。



私は大変に未熟な者で、

澄まし処でも申し訳ない思い、恥ずかしい思いを

たくさんしてきましたが

15分の逐語記録が「本物」である限り

澄まし処の時間はきっとなにか、

発見があると思います。




よければ、ご一緒くださいませ^^。



ではでは、残暑厳しき折、

くれぐれもご自愛くださいね。




大事な皆様へ。




                         ふな(吉橋)

==============================



★今日は満月○です



★はてなのタネ!^^(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せ

ください♪)



たまごはなぜまるい?

「はてな?のようちえん」第一回テーマより



==================くらすばからのご案内 詳細



■■秋の安芸 森の円坐 2014■■



(ちらしご希望の方はお知らせください。PDFでお送りします)



1.日時:

四日間コース9月20日(土)午後~23日(火)夕方

☆土日コース9月20日(土)~21日(日)

2.対象:「聴きあう」ことに関心がある方。森を楽しみたい方(大人)

3.内容: ファシリテーター(円坐守人)橋本久仁彦さん・仁美さん

円坐、森での暮らしのお楽しみ(カヌー、焚火、昼寝、散歩…)。

詳しい時間割や内容は初日にみんなで決めましょう。

4.会場:ろうきん森の学校(広島県北広島町今吉田)

http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=22

5.定員:8名※1

6.会費※2:※3(プログラム費及び宿泊費)

四日間 45,500円

二日間 30,000円 

食材費と温泉代は現地にて徴収(4日間で5~6千円程度)



●宿泊 ろうきん森の学校内 「こぞってハウス」

(NPOひろしま自然学校の皆さんの手作りハウス。

男性一室、女性一室の相部屋となります。)

●お問合・お申込 担当:吉橋久美子gclas_ba@ybb.ne.jp 090-4142-8854



以下をメールにてお送り下さい。一カ月ほど前に振り込み先をお知らせします。

お振り込み頂いて予約完了です。



タイトル「森の円坐 申し込み」

1.お名前・性別 2.郵便番号とご住所 3.連絡に用いるメールアドレス 4.緊急連絡用の携帯番号

5.現地までの交通手段(自家用車または電車) 6.エンカウンターグループ(円坐)のご経験の有無



●森の円坐 実行委員会 事務局 山下徹 吉橋久美子

(吉橋は現地参加は未定ですが事務局をさせていただきます)

●共催 NPO法人ひろしま自然学校http://moricafe.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=13

●協力 fence workshttp://www.fenceworks.jp/

※1.最少催行人数6人

※2.9月13日までのキャンセルは全額返金します。9月14日以降はキャンセル待ちの方がいらっしゃる場合にだけ全額返金いたします。

※3. 2泊3日の方は、一泊分の宿泊費1500円を差し引きます



■■あそぼ☆ラボ■■



9月10日 豊田市環境学習施設eco-T ワークショップルーム

対象:未就園児と保護者

主催:ちびくろさんぽ 杉山さん&吉橋

正式な募集はもう少ししてからデス。

ご関心ある方は吉橋までご連絡を!



■■「くらすば 澄まし処(すましか)クラス6

 ~“耳を澄ます聴き手”のはたらきを“観察”するひととき~」■■



◎日程:月1回 全7回 10時~12時半(おむすびを召し上がる方は13時半ごろ)    

10月10日、11月21日、12月19日、1月16日、2月20日 

(いずれも金曜日)



◎場所:豊田市内の個人宅のはなれ

(豊田市駅、新豊田駅より西へ3.5キロほど。お申し込みの方に場所をお知らせします。)



◎対象:「そのまま、聴く」「寄り添って聴く」ことに興味のある方 どなたでも



◎内容:質問や意見をはさまず、そのまま「耳を澄まして聴く」ことが 語り手にどんな影響を及ぼすのかを“観察”します。

(カウンセラー橋本久仁彦さん※が全国各地で行っている「ミニカウンセリング・トレーニング」の手法にアレンジを加えた、読み解きを全員で行う「自主トレ」的な時間です)



やり方:

会の前に、二人ひと組になり「聴き手」「語り手」にわかれて15分間の録音記録を作成します(役割を交代して再度録音記録をつくります)。帰宅後ご自宅でテープ起こし(逐語記録づくり)をしていただきます。

(ICレコーダーなどの録音機器が必要ですが、一度だけですのでスマホ等の録音機能で大丈夫です。吉橋がレコーダーをお貸しすることもできます。)



会の当日は、逐語記録を一日につき一つ、丁寧に読み解いていきます。



なお、吉橋は心理学を修めている訳ではなく、カウンセラーの資格なども持っておりません。ただの人、として15分の逐語記録に向き合い、聴くという営みを見つめます。



◎定員:6名



◎会費:全7回 16,000円  (澄まし処経験者…13,000円)

     お茶とお菓子をご用意します。(お昼を食べる方は、当日200円集めます)

※前納制 お申し込み後、振込先をお知らせします。

お休みの場合は資料をお渡しし、別の日にフォローの時間を持ちます。

(電話/スカイプ/直接お会いして、のいずれか)



澄まし処経験者の方は単発でもおいでいただけます:2,000円/回



◎お申込:gclasba@gmail.com 吉橋久美子



◎締切:9月30日(その後も空いている場合は受け付けますのでご連絡ください)



世話人:吉橋久美子(くらすば) Webサイト http://space.geocities.jp/clas_ba/

 1998年個人事務所「くらすば」(暮らす場、の意)を立ち上げる。住民参画やこどもワークショップ等のファシリテーションを行ううちに「聴くこと」が仕事の核心であるとの思いから、コーチングの勉強を経て、橋本久仁彦さんのミニカウンセリング・トレーニング(傾聴空間建築)講座に参加。その奥深さに魅せられて今に至る。



橋本久仁彦さん: Webサイトhttp://enzabutai.com/ 



編集後記**************************

『ひらがなでよめばわかる日本語』再読(中西進 新潮文庫)。

「このはしわたるべからず」の一休ばなしが

“日本語の豊かさを示してくれる逸話”として紹介されています。



「はし」って「間」の意味もあったんですって。

“たとえば箸は二本の間でつかむから「はし」、

「鳥のくちばし」も同様です。

両岸をつなぐから橋を「はし」といったのです。“p200



「吉橋」は、「吉の間」…??おもしろいです^^。


06:02  |  徒然
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。