2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.09.10 (Wed)

○☆夜空見上げて○☆No.88

=============================

○☆夜空見上げて○☆No.88  2014年9月9日

===============================

くらすば からのご案内 (詳しくは文末に)

<参加者募集中>

■■「くらすば 澄まし処 クラス6」 @豊田市■■

10月から月一回、7か月間、「耳を澄ます聴き手」の働きを見つめます。

■■ 「はなす・ま」 ■■

随時。15分間お話を聞かせていただき、冊子にし、一緒に読み解きます。

<ただいま企画中!>

□□石窯のぬくもりでトコトンあそぶ□□

11月2日&3日 田島由起子さんと「はなれ」にて^^。

正式広報まで もう少し 
□□「しごと」をかんがえるワークショップ□□

11月 30日 西村仁志さんを豊田にお招きして

(「ワークショップ研究会」主催。いいだしっぺ吉橋です^^)

==============================
みなさまこんにちは!
いかがお過ごしですか^^。

青空と吹く風の涼しさが
贅沢なごちそうのように感じられる今日この頃です。

さて、今、「澄まし処クラス6」のご案内をしていますが
ちょっと通常の勉強会のイメージとは違うかもなあ、と思います。

まず、私自身が「上手な聴き手」として
「聴き方」を伝授する、というものではありません。

サブタイトルに「観察会」と名付けているように、
15分の逐語記録を詳細に読みとく中で
いろんなことを発見して行くので
しいて言えば逐語記録が「主役」であり「先生」というか…。

また、聴き方についても、スキルというものはほとんどなくて
「ただ黙って聴くだけ」ということなので
むしろ「脱・学び」です。

技術を磨いて上級者になる、っていうものでもないんです。

「月曜澄まし処」の最終回では
聴き手の態度について意見が交わされました。

同じ「聴く」でも、
「聴いてあげる」と「聴いている」と「聴かせていただく」では、
聴き手の態度が全然違って、
そのことが語り手に大きな影響を及ぼすね、と。

私にとってはこうしたことがとても大事に思えます。

そしてこのような場で出会った方々とは本当に
深いところでつながれる感じがしています。

いつもありがとうございます。
実りの秋をどうぞ楽しまれますように^^

ふな(吉橋)



==============================




★8日の晩は満月○の晩でした

★はてなのタネ!^^
(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せ
ください♪)

しゃぼん玉の七色、って七色??
                    by F

==================くらすばからのご案内 詳細

■■「くらすば 澄まし処(すましか)クラス6

 ~“耳を澄ます聴き手”のはたらきを“観察”するひととき~」■■

◎日程:月1回 全7回 10時~12時半(おむすびを召し上がる方は13時半ごろ)    

10月10日、11月21日、12月19日、1月16日、2月20日 

(いずれも金曜日)

◎場所:豊田市内の個人宅のはなれ

(豊田市駅、新豊田駅より西へ3.5キロほど。お申し込みの方に場所をお知らせします。)

◎対象:「そのまま、聴く」「寄り添って聴く」ことに興味のある方 どなたでも

◎内容:質問や意見をはさまず、そのまま「耳を澄まして聴く」ことが 語り手にどんな影響を及ぼすのかを“観察”します。

(カウンセラー橋本久仁彦さん※が全国各地で行っている「ミニカウンセリング・トレーニング」の手法にアレンジを加えた、読み解きを全員で行う「自主トレ」的な時間です)



やり方:

会の前に、二人ひと組になり「聴き手」「語り手」にわかれて15分間の録音記録を作成します(役割を交代して再度録音記録をつくります)。帰宅後ご自宅でテープ起こし(逐語記録づくり)をしていただきます。

(ICレコーダーなどの録音機器が必要ですが、一度だけですのでスマホ等の録音機能で大丈夫です。吉橋がレコーダーをお貸しすることもできます。)

会の当日は、逐語記録を一日につき一つ、丁寧に読み解いていきます。



なお、吉橋は心理学を修めている訳ではなく、カウンセラーの資格なども持っておりません。ただの人、として15分の逐語記録に向き合い、聴くという営みを見つめます。



◎定員:6名(聴き手・語り手をする方)+α

◎会費:全7回 16,000円  (澄まし処経験者…13,000円)

     お茶とお菓子をご用意します。(お昼を食べる方は、当日200円集めます)



※前納制 お申し込み後、振込先をお知らせします。

お休みの場合は資料をお渡しし、別の日にフォローの時間を持ちます。

(電話/スカイプ/直接お会いして、のいずれか)





澄まし処経験者の方は単発でもおいでいただけます:2,000円/回



◎お申込:gclasba@gmail.com 吉橋久美子

◎締切:9月30日(その後も空いている場合は受け付けますのでご連絡ください)

世話人:吉橋久美子(くらすば) Webサイト http://space.geocities.jp/clas_ba/



 1998年個人事務所「くらすば」(暮らす場、の意)を立ち上げる。住民参画やこどもワークショップ等のファシリテーションを行ううちに「聴くこと」が仕事の核心であるとの思いから、コーチングの勉強を経て、橋本久仁彦さんのミニカウンセリング・トレーニング(傾聴空間建築)講座に参加。その奥深さに魅せられて今に至る。



橋本久仁彦さん: Webサイトhttp://enzabutai.com/ 



編集後記**************************

明日の「あそぼ☆ラボ お洗濯編」の準備で

しゃぼん玉遊び、してます。



「シャボン玉のリハ、協力してよ!!」ということで

娘にも息子にもやってもらって、

もうこんな時間はないかもなあ、と

ちょっとシアワセ感じてます。


16:36  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。