2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.05 (Mon)

○☆夜空見上げて○☆No.96 「じか」に

=============================
○☆夜空見上げて○☆No.96  2015年1月5日
==============================
くらすば からの行事ご案内 (詳しくは文末に)

■■ 場をひらく人 講坐 ~耳を澄ます場づくりのための、居ずまい・佇まい~■■
橋本久仁彦さんをお招きして。恵み自然農園長江賢太郎さんと共同主催です。単発参加可
・春の講坐(基本通い・宿泊可)3月20日(金)13時~22日(日)16時
・夏、秋、冬もあります!

■■ 「はなす・ま」1月27日京都 1月16日、23日の澄まし処@豊田の後■■
15分間お話を聞かせていただき、一緒に読み解き、後日冊子を郵送で送ります。
日程はご相談を。1月27日京都にいきますのでご希望があればご連絡下さい^^。

■■「澄まし処 クラス7」 スタート!@豊田市■■
第一回は1月23日(金)です(単発参加もどうぞ!)。

■■「 澄まし処 クラス6」 @豊田市■■
第4回は1月16日です(金)(単発参加もどうぞ!)。

■■「どこでも澄まし処」二人以上でお申し込み下さい。お近くにお邪魔します!■■
==============================

<「じか」に>

年が「明け」ましたね。そして日々の「暮らし」で、「暮れて」いく。
一年後、また、「明け」るはず…。
時間ってぐるりとまわるもの?どうも直線的じゃないみたいですね(^^)。

さて、ここ数年、私は人との関係において
何らかのコミュニケーションスキルやこちらの思惑を“はさまず”に出会って、
そこで共にしている時間、空間に生まれてくるものを
精一杯、必死で見つめてみたいと思っています。
(15分間だけでも、なかなかに難しいことですが…)

それを表す言葉がお正月に読んだ本にあって、
ああそっか、こんなに簡単な言葉だったのか、と。
それは「<じか>であること」
(『「出会う」ということ』第一章タイトル 竹内敏晴著 藤原書店)。
 
***
「じか」ということを別の視点から言うと、「距離が無くなる」ということです。子どもがつまずいてよろっとする。「危ない!」と叫びますね。「危ない!」と言った瞬間に、わたしは思わず手をさし伸べている。そこ、子どものところにいるわけです。そういう意味で、自然科学的な均質な空間での距離ではなくて、縦の関係ですね。相手との隔たりというか、奥行きというか、関係の中の距離と言ってもいいのですが、これは全く変動する。
p61「距離がなくなるということ」の段***

“関係の中の距離”が変動するということを私も感じていて、
人との関係性はその距離感(と、三次元的な空間感)に直結しているようです。

相手に近づいてみたり、相手が手の届かないところにいっちゃったり、
相手を雲の上の人、って思ったり、低く見てしまったり。

意識せずにいると日々そんなふうに
相手との距離をおき、距離を測ってしまっている自分が
「じか」に人と会おうとしているのが
「くらすば」の時間かなあ…と思います。
(そう意識した時点で、既になにか距離が生まれているかもしれないけれど。)

この、「じか」に人と出会っていく世界、以前は意識したことがありませんでした。
むしろ、努力して、学んで、相手にとってなにかしらお役にたてる自分になりたい、
そんなことばっかり、考えていました。

大きく方向転換したのは
「場をひらく人講坐2015」にて再びお招きする橋本久仁彦さんと、
橋本さんがひらく場において出会った方々のおかげであり、
そのうえで、今まで私が出会ってきた人々に
改めて感謝する、という流れがあったから、です。

…ということで、改めまして、いつもありがとうございます^^。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。味わい深き一年になりますように…!

                    ふな(吉橋)
==============================

★今日は満月の日です○

★★はてなのタネ!^^
(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

「何が坂の向うにあるのだらう?遂にやみがたい誘惑が、ある日私をその坂道に登らした。」
                  「坂」萩原朔太郎 『猫町』岩波文庫所収 p88

==================くらすばからのご案内 詳細

■■場をひらく人 講坐 ~耳を澄ます場づくりのための、居ずまい・佇まい~■■
(ちらしあります。ご希望の方はメールさせていただきます)

【守人】橋本久仁彦さん   http://enzabutai.com/

【内容】
「聴く」という働きをもとに、様々なワークを通じて「聴き手」「ファシリテーター」としての視力を養っていきます。各回の具体的な内容は参加者のご要望等をお聞きしながら決めていきます。基本となるミニカウンセリング・トレーニングは毎回実施します。

 ・ミニカウンセリング・トレーニング
 ・円坐(非構成エンカウンターグループ) 
 ・「きくみるはなす縁坐舞台」 
 ・「きくみるはなす縁坐影舞」 
 ・ファシリテーション・トレーニング
 ・「詩縁坐」 などからいずれか
 メニューの内容については橋本さんのサイトでhttp://enzabutai.com/

【日程】 2015年度  単発参加可
春の講坐(基本通い・宿泊可)3月20日(金)13時~22日(日)16時
夏の講坐 (2泊3日)7月11日(土)13時~13日(月)16時
秋の講坐 (2泊3日)10月16日(金)13時~18日(日)16時
冬の講坐(基本通い・宿泊可) 2016年 1月16日(土)13時~18日(月)16時

【会場】(いずれの会場も電車でお越しの方は駅までお迎えに参ります) 
<春・冬…豊田(愛知県)>
  豊田市宮上町にある個人宅の「離れ」 (名鉄豊田市駅から3,5キロ。)※詳細はお申込後にお伝えします。
<夏・秋…恵那(岐阜県)>
  恵み自然農園  (恵那市岩村町富田3032-86)最寄駅:明知鉄道「極楽駅」
  名古屋駅より約1時間半(JR中央線恵那駅乗換)

【参加費】(一日目夜から三日目昼までの食費込 朝は軽食)
 全4回通し   :136,000円
1回のみの参加: 36,000円 

  ≪宿泊費について≫
   ○春の講坐…会場主さんのご厚意で会場に泊まれます(男女一室の空間OKの方)。
    無料ですが有志で一泊500円~1000円程度のお礼を集められたらと。人数制限あ
り。豊田には駅付近にいくつかホテルもありますので、
    そちらの方が良い方はご自由におとりください。
   ○夏の講坐・秋の講坐…宿泊費込みです

【定員】10名程度

【申込・お問合】 gclasba@gmail.com (090-4142-8854)吉橋久美子  
お申込の際は、以下の内容をお知らせください。
タイトル:「場をひらく人講坐申し込み」 ご連絡の方にお振込み先をお知らせします。 ご入金いただきお申込完了となります。
1:希望の日程 2:お名前・性別 3:郵便番号・住所 4:連絡に用いるメールアドレス 5:携帯番号 
6:今回のような講座の経験の有無  7,会場までの交通手段(車または電車) 8.食べられないもの・食べたくないもの

【主催】恵み自然農園 長江賢太郎http://www.natural-farm.info/&くらすば 吉橋久美子

■■ 「はなす・ま」 ■■

日程はご相談を。
近々の予定では
・1月27日@京都 11時~14時の間
・1月16日と23日の「澄まし処@豊田」の後 14時~17時の間 を受け付けています。

◎内容  15分間、吉橋が聴き手として向き合いますのでお話しをなさってください。録音をして、逐語記録を作成し、一緒にレビューしたうえで冊子にして後日送付します。
◎時間  お話しいただく日 40分~1時間程度(ご説明含め) 
読み解きの日 1時間半~2時間
面会/電話/skype のいずれか
・面会の場合…平日日中がありがたいです。
・電話・skype…夜も可能です。
◎日時  両者で相談して決めます
◎場所  BGMが控えめな喫茶店や公園など静かな場所
◎回数  1回~何回でも 
◎費用 4,000円~6,000円/回 (春以降、見直しを考えています)
全て終わってから、お気持ちによってお決めください。(遠方の場合交通費を申し受けます)
(傾聴+読み解き+冊子制作 で一回です)

■■「くらすば 澄まし処 クラス7」 @豊田市■■
 ~“耳を澄ます聴き手”のはたらきを“観察”するひととき~

◎日程:月1回 全7回 10時~12時半(おむすびを召し上がる方は13時半ごろ)    
2015年1月23日、2月13日、3月6日、4月17日、5月22日、6月19日、7月17日 
(いずれも金曜日)

◎場所:豊田市内の個人宅のはなれ
(豊田市駅、新豊田駅より西へ3.5キロほど。お申し込みの方に場所をお知らせします。)

◎対象:「そのまま、聴く」「寄り添って聴く」ことに興味のある方 どなたでも

◎内容:質問や意見をはさまず、そのまま「耳を澄まして聴く」ことが 語り手にどんな影響を及ぼすのかを“観察”します。
(カウンセラー橋本久仁彦さんが全国各地で行っている「ミニカウンセリング・トレーニング」の手法にアレンジを加えた、読み解きを全員で行う「自主トレ」的な時間です)

やり方:

会の前に、二人ひと組になり「聴き手」「語り手」にわかれて15分間の録音記録を作成します(役割を交代して再度録音記録をつくります)。帰宅後ご自宅でテープ起こし(逐語記録づくり)をしていただきます。

(ICレコーダーなどの録音機器が必要ですが、一度だけですのでスマホ等の録音機能で大丈夫です。吉橋がレコーダーをお貸しすることもできます。)

会の当日は、逐語記録を一日につき一つ、丁寧に読み解いていきます。

なお、吉橋は心理学を修めている訳ではなく、カウンセラーの資格なども持っておりません。ただの人、として15分の逐語記録に向き合い、聴くという営みを見つめます。

◎定員:6名(聴き手・語り手をする方)+α
◎会費:全7回 16,000円  (澄まし処経験者…13,000円) 
単発参加 2800円(澄まし処経験者…2300円)
     お茶とお菓子をご用意します。(お昼を食べる方は、当日200円集めます)
※前納制 お申し込み後、振込先をお知らせします。
お休みの場合は資料をお渡しし、別の日にフォローの時間を持ちます。
◎お申込:gclasba@gmail.com 吉橋久美子
◎締切:1月13日(その後も空いている場合は受け付けますのでご連絡ください)

■■「くらすば 澄まし処 クラス6」 @豊田市■■
内容は上記同様です。第4回は1月16日(金)(単発参加もどうぞ!)。
◎お申込:gclasba@gmail.com 吉橋久美子
◎締切:各回の5日前まで

編集後記=======
豊田に越してきて初めて豊田で迎えたお正月でした。
そして運動不足…(><)。
これからは出来る限り徒歩・自転車で、移動します!!  



12:53  |  徒然
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。