2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.25 (Sun)

まるで、自分自身に語りかけているのと同時に

「まるで、自分自身に語りかけているのと同時に
世界中の人達に語りかけているような、生まれて初めての感覚です。」


3月28日の「澄まし処(すましか)@福岡 ~耳を澄ます聴き手のはたらきを観察する会~」
福岡の方が関心をもってくださった時点で
「開催決定!」、でしたが他にも参加表明をしてくださった方がいて、
心から楽しみにしています。

15分の逐語記録のレビュー(読みとき・言祝ぎ)をすると
いつも目を見開かされるようなドラマが見られ、発見があります。

15分聴いた時点・語った時点ではよくわからなくて
テープ起こしをしてもまだしっかりわからなくて
丁寧に真剣に読み解こうという場があって
私ははじめてたくさんのことに気付きます。
(そうやったあとも、気付いていないことがまだまだあると思いますが…)

そしてつくづく、「耳を澄ます聴き手がいる場」は
日常ではみられない場であるなあと思います。

たとえば、「相手に分かってもらおうと思わずにいられる」ということ。
これは、よりよいコミュニケーションのために努力しよう、という
ごく当たり前に言われていることから全く外れています。

その15分を体験してくださった方にいただいた文章を
紹介させていただきます^^。(「はなす・ま」のご案内チラシから)
「まるで、自分自身に語りかけているのと同時に
世界中の人達に語りかけているような、生まれて初めての感覚です。」
(Nちゃんありがとう!!)

「わたし」の物語 ===========
 
人は毎日のように誰かと会話をします。
けれど話し相手がいると、必ずと言っていいほど
言葉を探してしまいます。
相手はどんな話題を好むのだろう?とか
どうやったら笑わすことができるだろう?とか
話すのが好きな人なのか、聞くのが好きな人なのか?…などなど。

カウンセリングの時でさえ、一般的なスタイルでは
この言葉探しから完全に逃れることは出来ません。
ついつい相手の期待している言葉を探してしまうのです。

でも15分のリスニング・セッションは、そういった
言葉探しを全く必要としない、とても不思議な時空間。
言葉が自分の心から自然と湧き出てくるのを待てばいいだけでした。

キョロキョロと言葉を探す必要がないぶん、意識を
自分の心だけに真っすぐ注ぐ事ができるというのは、とても新鮮な体験でした。
まるで、自分自身に語りかけているのと同時に
世界中の人達に語りかけているような、生まれて初めての感覚です。


そして、一冊の本として出来上がった
「わたし」の物語を読んでみると、そこに自分の本性を感じました。
下着さえ着けていないハダカの心…ちょっと恥ずかしい…。
けれど、家族や友人はもちろん、自分自身のことさえ
あまり理解できていない私にとって、これ以上の参考資料は
存在しないように思いました。

(個人的には)、また3年後とか5年後とか、定期的に
この15分の「わたし」の物語本を作って頂こうと思っています。
日記のようなものを捨てずに保管しておくと、場所をとる
だけでなく、文章量が多すぎて読み返すことができません。
でも、この小さな一冊の本なら一生モノ。
その時期の想いがギュっと濃縮して詰まっているので、
いつでも読み返すことができます。

慌ただしい日常生活に流されて、自分らしい道から
それてしまった時、この「わたし」の物語を読み返せば、
迷わずに本来の道に戻ることが出来そうです。
この先、年月を経るにつれて、私の「わたし」の物語が
どんな風に変化していくのか、今から楽しみです。
きっと、人生経験を糧にして少しずつ変化していくのでしょう。(より美味しく熟成していってくれたらいいのだけれど…)

(フェイスブック イベントページ)
https://www.facebook.com/events/1530352550562323/?context=create&previousaction=create&ref=2&ref_dashboard_filter=upcoming&source=49&sid_create=2851073346
08:30  |  聴く
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。