2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.12 (Mon)

非構成的エンカウンターグループ

橋本久仁彦さんにファシリテーターをお願いしての
エンカウンターグループ@東京、が
終って一週間が経ちました。

参加者代表、みたいな形の主催者(自分も会費を出し、集めたお金は全て
講師料と講師交通費会場費に)として
半年以上前から待ち望んできたことが
終ってしまったこと、じんわりナミダの感じです。

どんなことが起きたか…。
何人もの方から
「不思議な時間だった」って
感想をいただきましたが、
確かに。

お互い耳を傾けあう(沈黙にも)、という
シンプルこの上ない時間なのですが
温かな感じがだんだんと満ちてきて
最後に「このメンバーでもう会うことはありませんが…」と
橋本さんがおっしゃられたとき、
胸が締め付けられるような
寂しさを覚えました。

あの日、あの場におられた方々のことは
私の心に深く刻まれました。
これから後も度々思い出すことになるのだと
思います。忘れられない人々。

誰もが丁寧に敬意を持って相手に(その場に)臨んでいた、
人の温かさ誠実さを実感できる場でした。

これらのことは橋本さんがいらっしゃる場で
これまでにも体験したことです。
参加者の皆さんと、ぜひまた会いたいと
強く感じる、「家族のよう」だったり「遠い親戚のよう」
だったりする感覚です。

ところで果たして私は「ありのままの自分」に
出遭えたかどうか…
後半、この自問を言葉にして、語ってみたら、
いろいろなことが出てきて
それはやはり、見ようとはしてこなかった部分が
浮上してきた、という言い方がピッタリ。
皆さんからの励ましを全身に浴びつつ、
自分と出遭っていった感じかなあ。

以上、参加者としての感想でした。
主催者としては、参加の方々にとって
実りが多かったことを祈っています。

みんなで輪になり聞きあった
この果実は実を食べたら種がのこって
その種からまた芽が出るような
味わい深いものだと思います。
いただいたメール、手紙から
そうしたことが伺えます。

それにしても、リピーターの複数の方々の
「橋本さんが好きなんです^^」の
朗らかな表明、橋本さん人気はすごいなあと
また思った一日でした。


01:38  |  聴く
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。