2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.07 (Tue)

家の最期

20090707124614
取り壊されている家をみると、胸がズキっとします。立派な小屋組、頑張って屋根を支えてたのね。まる見えの部屋はそこにあった暮らしをのぞき見るようで…。住人の姿はなくショベルカーがまじめに仕事をしていました。「僕の村の宝物」(大西暢夫)という本に取り壊されている家を見つめるおばあちゃんの写真があります。涙は多分でてない。でも悲しい顔とはこんな顔なんだというまさにそんな顔をしておられます。間もなくダムに沈む電気もガスもない村で暮らすおじいちゃんおばあちゃんの明るくたくましい描写が全編埋め尽くされる中このページだけは余りのせつなさにこちらが涙が出そうでした。家と人の関係が現れていました。
12:46  |  携帯より
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。