2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.09 (Wed)

作られる自分

「聖堂はガウディがつくり、その後を私たちが継承しています。しかし、それは実は逆で、ガウディが聖堂によって作られたのです。私もその道を歩きたいと思うのです。」

前回引用した、外尾悦郎さんのインタビュー記事。
ムズカシイ、って思いましたが
今朝、ふと思いました。

くらすばとか、くらすばワークショップとかと、
自分の関係を考えていたら、そうだ、私も
くらすばとか、くらすばワークショップによって
作られている(生かされている)って思ったのです。

この間、メンバーの方とメールやりとりしていて、
とても感受性の豊かなママとお子さんで
くらすばワークショップの思いをまっすぐ
受け止めてくださってることに、ありがとうっていう
気持ちになったのですが、
いやいや、違う違う、とんでもない、
思いを受け止めてくださったんじゃなくて
もともと感受性の豊かなママとお子さんが
くらすばにきてくださってて、くらすばの
雰囲気を作り上げてくださってるんだから
ありがとうの100倍感謝しなくちゃという気持ちになりました。

全員。参加者みなさんに。

若いころから、私はみんなのおかげで
生きているっていうことの自覚は
あったのですが(その自覚が薄れているとき
いつ死んでもいいわーっていう
時期もありました)
みんなのおかげで生きているって
ホントに心底思います。

この関係と、似てるかな。
聖堂という対象を作り上げることで
ガウディが作られる。

仲間と一緒に開いている場があって
そこに来てくださる人によって
私や仲間が作られる。

くらすばをやるために
仲間と打ち合わせしたり、
動くことで自分が生かされている。

お互いがお互いによって生かされている、ということ。
感謝です。
10:43  |  器のからっぽ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。