2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.25 (Sat)

空間を感じる人

人間と空間、について
最近思うことがいろいろ…

その人の前にいると
自分が自分でいられて、
のびのびできたり、
安心していられるってひと、いますよね。
器が大きいとか懐が広い、っていう言葉がありますが。

それはその方の「空間感」。(くうかんかんって響き面白い^^)
見えない空間感は、その人そのものでもあると。

カウンセラーの橋本久仁彦さんに学ばせていただいて、
自分でもシロウトなりに考えていることです。

その橋本さんをお招きしてのトレーニング案内文で
私はこんなことを書いていました。

「橋本さんがおられる場にいると、私は、自分に問いを向け、
その答えをゆっくり見つけられる、深呼吸できるような空間を感じます。」

以前橋本さんと「かたらい」をさせていただいたときに
橋本さんがおっしゃった言葉がすごく印象的で覚えています。

聴き手が敬意を持って
「からっぽ」になって聴いているとき。

そのとき、その聴き手は「からっぽ」なんだけど
「全面的にそこにいる」。

「人の最もピュアな本質、注意とか意識がそこにある。」

で、その時間は「自分が欠点と思っているような
パーソナリティーはない」、と…。
人格はないけどその人の本質がある、のだそうです。

だから、ちゃんと一心に、
懸命に聴くことができれば
相手の方に、そこに居場所があるように
感じてもらえることになるのですね。

そんなリスナーになりたいけれど
それは欲望かなあ。
23:26  |  聴く
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。