2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.28 (Tue)

防災ワークショップ

いつも大切なことを考えるワークショップを企画され
尊敬している「ともも」さんからのイベント案内です。

==========================




~第2回防災ゲームで学ぶ2011.3.11東日本大震災復興ワークショップ 参加者募集中~



『避難所運営ゲーム』HUG(Hinanjyo Unei Game)ワークショップ



『避難所運営ゲーム』HUG(Hinanjyo Unei Game)とは・・・

避難所運営を地域の皆さんで考えるための

アプローチ方法として静岡県が開発したものです。

避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が

書かれたカードを避難所の体育館や教室に

見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、

また、避難所でおこる様々な出来事に

どう対応していくかを模擬体験するゲームです。



プレーヤーとなる皆さんは、

このゲームを通して災害時用援護者への配慮をしながら部屋割りを考え、

また、炊出し場や仮設トイレの配置などの生活空間の確保、

取材対応といった出来事に対して、思いのままに意見を出しあったり、

話し合ったりしながらゲーム感覚で避難所の運営を学ぶことができます。

HUGは、

H(hinanjyo避難所)、

U(unei運営)、

G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味です。
避難所を優しく受け入れる避難所のイメージを重ね合わせて名付けられました。

(以上、静岡県避難所HUG取扱説明書から引用)

◆日時:2012年3月10日(土) 13:30~17:00 (受付:13:20~)

◆会場:広島市平和記念公園内 広島国際会議場3階 研修室2

◆対象参加者:避難所運営をする予定がある人、関係者

(地方自治体、自治会、町内会、自主防災団体、NPO、ボランティア、一般市民)、

避難所運営ゲーム(HUG)に興味がある人、

◆参加人数:20名 ◆主催:シチズン・プロジェクト&ワークス(佐々木)

◆お問合せ&お申込み方法:シチズン・プロジェクト&ワークス(佐々木)宛てに

下記の連絡先に、参加者のお名前・連絡先をご連絡ください。

Eメール:info.lovelove@gmail.com 電話&FAX:082-288-2949 

*留守の場合がありますので、できるだけメールでお願いします。

*留守の場合は留守番電話にメッセージをお願いします。

◆お申込み締切日:3月6日(火)まで  ◆参加費:500円

*参加費は、東日本大震災被災地の災害復旧復興のために寄付いたします。

*参加者が8人以下の場合は、ワークショップを中止いたします。その場合は参加者にご連絡いたします。












09:22  |  紹介させてください!
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。