2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.06 (Sun)

○☆夜空見上げて○☆No.30 スーパームーン号

====================================
○☆夜空見上げて○☆No.30 2012年5月6日発行 
             「秋の安芸 森の円坐」の詳細を掲載しました♪
====================================
こんにちは!吉橋です。
大好きな五月。木々の緑の香り、花の香りを運んでふわりと
身を包んでくれる風が心地よいです。

さっそくですが、4月に「リスニング・セッション」を受けてくださった方の感
想がとても面白かったので、ご了解をいただいて紹介します。

  なんだか不思議な時間でした。
  ずーっと独り言言ってるみたいな。

  でも吉橋さんがいるからサミシイとか
  ひとりぼっちのような感覚ではなく、
  トイレにドアを開けたまま入ってる時
  みたいでした
 (よくトイレで考え事するので)

これまでいろんな感想をいただきましたが
「トイレにドアを開けたまま入ってる時みたい」
なんて、なんて秀逸な表現^^。

考え事をするための、空間・時間として
トイレはいい場所ですものね。
余計なものがなく、小さく区切られていて、
長いことは、居ない場所。

で、この場合、「ドアを開けたまま」という部分が鍵となるでしょうか。
普通はドアを閉じて、一人で考えるのが普通なのだけど、
ドアを開けたことで、他者の存在を感じたり、
その考えが少し距離を持って見えて、客観視できる…かな???

Mさん、素敵な感想をありがとうございました。

ところでわたくし、「リスニングセッション」という名前を
日本の言葉に変えることにいたしました。

「はなす・ま」(セッション)

ちょっと耳慣れないヘンな感じでしょうけれど
漢字で書くと「話す間」です。

まず主語を、話し手の方に移しました。

「はなす」は、「話す」「離す」「放す」であって、
もしかしたらそこではなされた言「葉」は、光を浴びて光合成をおこなって、
幹(話し手の方自身)に栄養を送り、
「花・す」(花になる、という動詞←造りました^^)のかもしれません。

そして「間」は、時間・空間・人間、の三つに共通する「間」。
「はなす・ま」は分かつことができない三つの間が意識される場です。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

ではでは、皆さま、よい初夏の日々を!
====================================

★今日は満月(スーパームーン!!!)です。いつもより大きいお月さま^^。
ぜひ、夜空を見上げてみてください。

★はてなのタネ!^^ 
(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

「なんでお酒を飲むと酔っ払うの?なんでお酒を飲むの?」byふうちゃん  

Menu=================================
くらすばオフィスご案内:参加者募集♪
 
 ☆森の円坐 ★New!⇒詳細を掲載しました
 ☆「はなす・ま」(個人リスニングセッション)受け付けています
====================================
■■秋の安芸 森の円坐(非構成的エンカウンターグループ)■■

皆さまにこの「円坐」のご案内・お誘いができることを嬉しく思います。

橋本さんが「円坐」と表現される、この非構成的エンカウンターグループは、
円になって坐り、互いの言葉や沈黙に耳を傾けるというもの。

エンカウンターとは「出遭い」と言う意味で、
あらかじめ設定されたものではない、
ありのままの自分との出遭うということだそうです。

テキストはもちろん、プログラムやワークのない時間です。

このグループへのお誘いのわけを以下にお知らせしたいのですが、
これは私個人の経験や思いであって、
参加される皆さんの経験は全く違ったものになるかも、しれません。

まず、ファシリテーターの橋本久仁彦さんが作られる「場」が
私にとってはとても魅力的です。

ただひたすらに、そのまま、聴いてくださるという
橋本さんの在り方によって、その場の「空間感」が変わっていきます。

とことん真剣で、味わい深い(自分と「出遭う」ので、
甘いだけじゃなく、苦かったり、しょっぱかったり^^)、
不思議な空間に。

興味深いのは、橋本さんお一人だけでなく、
その場におられる方々皆さんが影響を及ぼし合っていて、
帰るころには私にとってどなたも「遠い親せき」のような感じ
になること。それぞれのかけがえのない人生に触れたような気持ちになるのでした。

そして、「森の学校」という場所が本当に素敵なところであること。

ひろしま自然学校の皆さんが大切に育んでおられる広島の里山です。
手入れをしておられる「木曜隊」の皆さんの活動記録メールをいただいていますが、
4月の終わりのメールでは
「蛇のいぬ間に林床整備」というタイトルで
「桜は葉桜となり、コバノミツバツツジが満開。山菜のクサソテツ(コゴミ)は
この一週間で大きく葉が展開。ウドも大きく伸び、 遊歩道沿いではスミレ、シ
ハイスミレにツボ(ニョイ)スミレが咲き誇っている」と。

昨年は周りに生えている笹茶を焙じてもらって、その甘さに感動しました。
ため池をぐるりと回る散歩道には、たたら跡の表示も。

この場所が大好きな山下徹さん(世話人)が、その魅力を紹介してくれます。

さて9月の秋の安芸にはどんな空間・時間が待っているでしょうか。
ピンときた方、ぜひ、ご一緒にいかがですか^^。

-------------------------------------------------

<日時>2012年9月21日午後~23日夕方(22日&23日のみもOK)

<会場>ろうきん 森の学校 (広島県北広島町)  
 http://wens.gr.jp/morinogakko/03.html

<宿泊>森の学校内「こぞってハウス」
(NPOひろしま自然学校の皆さんの素敵な手作りハウス。
 男性と女性、それぞれ一室ずつでの相部屋となります。
 お風呂は近くの温泉へ。食事も基本的に自炊です)

<内容>
 ファシリテーター橋本久仁彦さんとともに「坐る」エンカウンターグループ
 および、森での暮らしのお楽しみ。(お散歩?ため池でカヌー?ドラム缶風呂も?)
 
 21日(金) 三日間暮らす場になる「森の学校」を知る時間。
 22日(土)~23日(日)主として「円坐」(エンカウンターグループ)。

<定員>12名(先着順)※1

<費用>会費33,000円+宿泊費一泊当たり1,500円+食費実費
(食事は近隣のお店や自炊にて。
 二泊三日朝昼晩計6食で3,000円程度をイメージしています)

 会費を実施1カ月前に事前に振り込んでいただき、正式申し込みとなります※2
 宿泊費と食費は現地にて集めます。

<ファシリテーター>
 【橋本久仁彦さん】(フェンスワークス http://www.fenceworks.jp/)
  高校教師時代はカール・ロジャーズのパーソン・センタード・アプローチに基づく
  「教えない授業」を実践。
  平成2年~13年 龍谷大学学生相談室カウンセラー。
  平成14年プレイバックシアタープロデュースを立ち上げる。
  平成24年にプレイバックシアタープロデュースの看板を下ろし、
  組織の生みの親、メンターでもあった「フェンスワークス」
  のメンバーとなる。大阪在住。

  以下フェンスワークスサイトの紹介より
 「1958年生まれ。残りの生命活動期の貴重さを意識するこの
  頃。“目的を持たない生命体的集団”フェンスワークスの
  誕生に関わり、ビジョンを共有する仲間とともに活動領域
  の有機的拡大・深化を実験中。
  趣味は、人間の共同幻想に対してさらに楽しい構造を付け加えること。
  そして息苦く感じる「構造」と「自分」との幻想関係を調べる事。
  天気のいい日には近くの公園で鳩にエサをやったり、滑り台の手す  
  りにぶら下がったりしている。」
  
 【非構成的エンカウンターグループとは】 
  (橋本さんのサイト Playback TheatreProduce 
   http://ptproduce.com/works.htmlより)
  
  “円になって座った10数人のグループ参加者と、
  ファシリテーターと呼ばれる役割を持つ人が一人います。
  メンバーは自由に自分自身を語り、あるいは語らないことができます。
  グループの動きは予測できない展開を見せます。
  ファシリテーターは終始参加者への敬意を持って語られる言葉を傾聴し、 
  一人の人間として誠実にグループプロセスに向かい合います。
  人工的ではない人間同士の出会いと交わりがエンカウンターグループの特徴
  です。”

<お申し込み>
以下の内容をメールにて吉橋アドレスへお送りください。
タイトル「森の円坐 申し込み」 宛先:clas_ba@ybb.ne.jp
1.お名前・性別
2.郵便番号とご住所 
3.連絡に用いるメールアドレス
4.緊急連絡用の携帯番号
5.現地までの交通手段(自家用車または電車)
6.エンカウンターグループのご経験の有無

<主催(世話人)>山下徹さん(いまここ工房)・吉橋久美子(くらすば)
<共催>NPO法人ひろしま自然学校http://www.hs-gakkou.jp/ 

※1.最少催行人数8人
※2. キャンセルについて
  ・9月13日までのキャンセルは全額返金いたします。
  ・9月14日以降はキャンセル待ちの方がいらっしゃる場合にだけ
   全額返金いたします。
   キャンセル待ちの方がいらっしゃらない場合は、
   大変申し訳ありませんがご返金できませんことを
   ご了承ください。

このグループは心理的な治療を目的とするものではありません。

ーーーーーーー森の円坐のご案内は以上ですーーーーーーーーーーーーーーーー

■■「はなす・ま」(個人リスニングセッション))■■

15分間、聴き手となってあなたのお話を聴かせていただきます。
そのお話しを、テープ起こしをして、小さな冊子にしてお返しします。

1回  3,000円
3回  8,500円
5回 13,000円 以降2,200円/回 

プラス、交通費
(遠方の場合、全額を負担していただかなくてよいような方法、
安価に済む方法を考えたいと思っています)

随時受け付けています。
タイトル :「はなす・ま」セッション申し込み clas_ba@ybb.ne.jp

------------------------------
吉橋久美子
http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
http://eco-capital.net/ 日本の環境首都コンテスト <環境首都誕生☆水俣市☆> 
個人リスニングセッション 受け付け中です♪
 

00:55  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。