2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.02 (Thu)

○☆夜空見上げて○☆No.36

====================================
○☆夜空見上げて○☆No.36 2012年8月2日発行 
        お世話になっている方々に新月と満月の日にお届けしています
====================================

くらすばオフィスご案内:参加者募集♪
 
 ☆「はなす・ま」9月17日@彦根 
 ☆森の円坐 9月21~23日(22日と23日のみもOK) <<お待ちしています>>
 ★「はなす・ま」(個人リスニングセッション)随時受け付けています

====================================

暑中お見舞い申し上げます。

蝉時雨、という表現は言い得て妙だなあと感心する今日この頃。
皆さんのところにも降り注いでいるでしょうか…?

さて、先日タイから戻ってまいりました。

首都バンコクは超近代的で自由な造形のビル群と
その足元にひしめく人、人、人、そして屋台。
寺院は豪華で「キンキラ」(ガイドさん談)でした。

アユタヤ遺跡へも足を延ばしました。
キンキラから一転、レンガとモルタルの建造物が、
壊れかけ、傾いたまま広大な敷地の芝生の中に
静かにたたずんでいて、タイムスリップしたようでした。
(アーチなど組積造の構造がとてもよくわかって、
「くらすばこうむてん」で「つむ」がテーマの時に、
この写真を見せてあげたかった~!と思いました。)

短い旅でしたが、近未来、現代、懐かしい昔、はるか昔、と
いくつもの時代が同時に存在するような
印象を受けました(そういえば、タイは今年仏歴”2555”年だそうです!)

私は「働く」ということを考えながらの旅でした。

屋台でお商売している老若男女。
路上で仕込みをして、路上で売って、自分たちもごはん食べたりしながら。

巧みな交渉でお客さんゲットのタクシーやトゥクトゥクの運転手さん。
ホテルの駐車場のバーをあげたり下げたりするお仕事。
みんな、働いてるなあ…
今「働いていない」状況の私は、そんな人々をまぶしく感じました。

それと、旅先だから印象深かったのかなあ、と思うのですが
「いってきます」という言葉について。

飛行機の中で見た「ももへの手紙」というアニメーション映画が
広島の大崎下島を舞台にした素敵な映画だったのですが
(その風景や広島弁も泣けました^^)
その冒頭、「行ってきまーす」の字幕が
「I'll be back」だったことが面白かったです。

「いってきます」は一つの挨拶言葉のように
思っていたけれども、「行く」「来る」の二つの
動詞が入っているんですね。

「行って、帰ってくる」のは多くの物語の軸となる構造ですが
この人生と言うものも、命の出発点から
命の終着点へと向かう「旅」であるなあと
これまた大げさながら感じたことでした。

暑さきびしき折、みなさま、お体くれぐれもご自愛くださいね。
====================================

★今日は満月です ○

★はてなのタネ!^^(こどものみなさんや、大人の皆さんの「問い」、お寄せください♪)

前回いただいた
「なぜ、勉強するのか?
 なぜ、働くのか?」という問い。

ある方からはこんな答えが。
「なぜ勉強するのか」
 → 小さいころ:よい大学に入って、よい会社に就職したいため
   現在:40代ですが、やはり何か一つでも得意分野を持ちたいという気
     持ちが強いから。全てが平均点では、会社では、やっていけない気持
     ちが最近強くなっています。

「なぜ働くのか」
 → 家族に普通の生活をしてほしいため
   勉強に、お金を惜しむことはしたくないです。

小さい頃と、今とでは、変わってくるものですよね。お答えをありがとうござい
ました。

私はというと、何か言うと誰かを嫌な気持ちにさせてしまいそうで
怖いなぁ…と思いながらも思い切って書いてみます。

「なぜ勉強するのか」
→ 過去の知恵を現在に生かすため。現在をしっかり見つめるため。未来に生か
  すため。
  おごらないため(これは「結果」としてついてくるものかなあ)。
  勉強するのは楽しいことだから(大変である半面)。

「なぜ働くのか」
→ まず今「働いていない」状況なのが申し訳ないなあと日々思います。
  また、たとえば病気をしていたり、働きたいけれども十分に働けない状況 
  にある人の辛さを想像してもしきれなくて、そこを感じて考える心がなけれ
  ば答えは見えないのでは…と思いながら、でも考えてみたいと思います。
  お金を得て、生活をするため。家族のため。社会を動かすため?。自分
  が「生かされる」ため。役割を果たすため…?

んー…働くって…なんだか…まだまだ問い続けなくては、というのが答えとなる
でしょうか。

次回までにもう少し「お答え」を私も周りの方々から集めてみたいと思います。

Menu=================================
くらすばオフィスご案内:参加者募集♪
 
 ☆「はなす・ま」9月も彦根へ。
 ☆森の円坐 9月21~23日(22日と23日のみもOK) 
 ☆「はなす・ま」(個人リスニングセッション)随時受け付けています

====================================

■■「はなす・ま」(個人リスニングセッション)@彦根■■

15分間、聴き手となってあなたのお話を聴かせていただきます。
そのお話しを、テープ起こしをして、小さな冊子にしてお返しします。

<日時>9月17日(月・祝)
  11:00~16:00ごろまで ご都合のよい一時間(説明とセッション)。
  お一人ずつ別々にお話しを伺います。
<場所>一緒に考えましょう
(前回前々回は護国神社境内「ほっこりカフェ朴」さんを会場として
設定させていただきました)
<費用>3,000円(+喫茶店なら1ドリンク代)
<一次締切>9月10日(この日を過ぎてもピンときたらお問合わせください)
彦根市内でなくても近隣で公共交通で
行けるところで在れば伺いたいと思います。

■■秋の安芸 森の円坐(非構成的エンカウンターグループ)■■(再掲)
      ☆☆ちらしできました☆☆
ご案内詳細はサイトをご覧ください。http://space.geocities.jp/clas_ba/
<ファシリテーター>橋本久仁彦さん
<日時>2012年9月21日午後~23日夕方(22日&23日のみもOK)
<会場>ろうきん 森の学校 (広島県北広島町)  
 http://wens.gr.jp/morinogakko/03.html
<宿泊>森の学校内「こぞってハウス」
<内容>
 橋本久仁彦さんとともに「坐る」エンカウンターグループ
 および、森での暮らしのお楽しみ。(お散歩?ため池でカヌー?ドラム缶風呂も?)
<定員>12名(先着順)
<費用>会費33,000円+宿泊費一泊当たり1,500円+食費実費
※このグループは心理的な治療を目的とするものではありません。

===================================
編集後記

家を長くあける時心配なのが植物ですが
今回はなんとか生き延びていてくれました。
そしてゴールデンウィークに
タネをまいたのになんの変化も無かったゴーヤが
なんと芽を出していました!!
すごいなあ…!でも緑のカーテンになるはちょっと遅いかな…
------------------------------
吉橋久美子
http://space.geocities.jp/clas_ba/ くらすば
http://basuraku.blog68.fc2.com/ ブログ 
http://space.geocities.jp/clasbaws/index.html くらすばワークショップ
http://kurasuba.blog75.fc2.com/ くらすばワークショップスタッフブログ
http://eco-capital.net/ 日本の環境首都コンテスト ベストプラクティス掲載! 
個人リスニングセッション「はなす・ま」随時受け付け中です♪
 


11:14  |  アナウンスメール
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。