2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.02 (Thu)

「わたしとヒロシマ」をお聴きする 傾聴継承演劇 2012

昨年、「もーりー」こと森洋介先生にお誘いいただき
参加させていただいて
深く心に刻まれた時間となった座談会を
紹介させていただきます。

私はヒロシマについて考えてみたいと
ずっと思っていながら何もできていませんでした。

やっと昨年、初めて灯篭流しに参加して
この会で語り部の方のお話も聞けました。

語り部の方が、これまで多くの方に語ってこられた
通常のお話の後に、その場で、新鮮に、
「わたしとヒロシマ」を語り
それを「即興継承演劇」で見て、
涙を流された姿を忘れることはできません。

私も自分とヒロシマについて
語ることなんてないと思っていたのに
やはり語るべきことはあって。

すごい時間だったなあと思います。
ヒロシマを考えてみたい皆さんに
ぜひ、お勧めします。

============================
傾聴継承演劇で“こころを聴き合う”座談会
「わたしとヒロシマ」をお聴きする 傾聴継承演劇 2012
ご参加の案内

傾聴継承演劇とは、語り部の方がお話しされた、人生のある一場面を、私たち劇団がその場で劇として演じるものです。比喩的にいえば、語り部の方の“自伝としての詩”を、私たちが劇として表現させていただき、語り部の方にお渡しする、そんな営みです。
語り部の方ご自身にとっては、自らの人生を改めて見つめてみる時間となります。
と同時に、演じる私たちや、その場で観客として居合わせた者は、あなたと共に、あなたの人生の目撃者、証人となります。あなたと共に、あなたの人生を、われわれは、心に刻みます。

この座談会には、お年寄りから若者まで、幅広い世代が集う予定です。参加したひとりひとりの思いを丁寧に聴きあい、お互いの人生に敬意を払う、そんな場をつくりたいと考えています。

日 時: 2012年8月25日(土)13:30開場、14:00始まり~16:00終わり
会 場: 天然温泉・クアハウス「神田山荘」 多目的室(中)
〒732-0068広島市東区牛田新町1丁目16-1 財団法人広島市原爆被爆者協議会
(℡082-228-7311)HP http://www.hiroins-net.ne.jp/kurkanda/top.html

対 象: 被爆者の方、被爆体験を聞いて育った戦後世代の方、
ヒロシマについてお聴きし感じ考えてみたい若い世代の方

お聴きし演じる人:劇団「広島プレイバックシアター」
司会進行役:森洋介(劇団「広島プレイバックシアター」代表・龍谷大学短期大学部助教)

参加費は無料。定員15名程度。
問い合わせ・参加申し込み:8月22日(水)までに、Eメールまたは電話で、所属、氏名、年齢、連絡先(電話番号、メールアドレス)、を下記までお知らせください。なお、事前連絡なしの当日参加も大歓迎です。
「ヒロシマ傾聴継承演劇2012」 事務局 森洋介 ℡090-8063-6190
E-mail yosukemori@human.ryukoku.ac.jp (龍谷大学短期大学部森洋介研究室)
主催:劇団「広島プレイバックシアター」
19:58  |  紹介させてください!
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。