2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.31 (Thu)

みみをすます教室を終えて。

「みみをすます教室」、無事終わりました。

お世話になった皆皆様
ありがとうございました。
家族や親せきまで協力してもらっての、
一大イベントでした。

今回のミニカウンセリング・トレーニングも
日本的な聴き方の道を
どんどん進んでおられる橋本さんの
白熱講義^^で
一秒たりとも無駄にできないような
濃密な時間でした。
(3時間以上かけて検討したケースもありました)

一転、円坐は沈黙も長く。
その沈黙の意味をみんな知っているから
とてもいい感じの沈黙なんです。

しきりに橋本さんが
「皆さんは京都の池田屋に集まった
志士のようだ」とおっしゃっておられたので
参加者の皆さんにこんなメールを出しました


==============
現代の志士のみなさまへ

子ども達を学校に送りだす支度をしながら
みなさんにどんなメールを出すか、
ずっと考えていました。
時々つい手を休めて、思いだしてにっこりしてしまったりして。

橋本さん、ありがとうございました。

本当に幸せな三日間だったなあと思います。
もう4度目の集中トレーニングなのに
一分一秒も退屈ということがない
すごく味わい深い時間でした。
身で聞く、という言葉が印象的で
その日本的な聞き方はますます私をひきつけて
離してくれません。

円座の時間も
あったかいカーペットの上で
皆さんの言葉を大事に受け取り
また自分の思いに浸り
いい時間でした。

橋本さんが「建築」なさった「傾聴空間」の
居心地は最高です^^。

そして皆さん、ありがとうございました。
最後のお礼を申し上げる時、いつもは
お一人ずつ握手させてもらったり
順番にお名前を呼ばせていただいて
お礼を申し上げたりするのですが
昨日はそれをしたいと思いませんでした。

空間を共有していることで
それが果たせているような。

親戚のようなもので、
お別れするときに、いちいち挨拶しないでいい、ような…
(でも今はしておけばよかったと思ったりしています^^)

××さん、○○さん(途中でお帰りになられた方)のことも
思い浮かべています。
テレビで三重県○○市の雪の風景が出て
「お!シンクロ!××ちゃん雪大丈夫かなあ~」なんて
思ったり、しています。

そうそう、途中で帰られた方にご報告です。

橋本さんがしきりに
「ここに集まった人達は池田屋に集まった
幕末の志士のようだ!」とおっしゃっておられましたが
なんとお庭の、鳥のための水飲み場(?)に置かれた
酒徳利に「池田屋」って大きく書いてあったんですよ!

おどろきました。

ミニカンや円座の後はしばらくこんな
シンクロがあるので楽しみにしています。

==========================
00:58  |  聴く
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。